イラスト・アナログゲームデザイナー ほんざわのブログ

社会人サークル「CreaGem」のホンザワです!(クリージェムと読みます!)ボードゲームを自作しゲームマーケットなどのイベントに参加し、いつの日か大成功を夢見る社会人です。このブログはそんな私の独り言。追記:イラストも描いてます!お仕事ください!

新作ゲーム紹介〜多数決で行動するカードゲーム〜

こんにちは!CreaGemのほんざわです。

 

さて、またしてもひと月近く更新しておりませんでした当ブログでございますが(泣)

 

本日は新作ボードゲームについてご紹介します!

既にもう何度かアナウンスしておりましたが、今一度パッケージイラストをご覧ください。

f:id:honzawa_creagem:20190911080611p:image

ゲーム名:マスターさん つぎ、どうします?

ジャンル:カードゲーム

プレイ人数:3〜5人

所要時間:20分〜

 

ゲームの概要

このゲームは、複数のプレイヤーが協力してNPCを倒すという仕様の協力型カードゲームです。

※一般的なトレーディングカードゲームとは異なり対人戦ではありませんのでご注意を。

プレイヤーは味方のモンスターたちに行動を指示する「マスター」となって、共に宿敵であるマオウサマの討伐を目指します。f:id:honzawa_creagem:20190911084419p:image

↑味方モンスターの1体「ビースト」

f:id:honzawa_creagem:20190911172613p:image

↑対戦するNPC「マオウサマ」

 

ターン制のゲームで、毎ターンマオウサマが仕掛けてくる様々な攻撃に対し、それをどう処理するかをみんなで考えます。

早い話、モンスターvsモンスターの王道RPGをイメージして頂ければOKです。

味方のモンスターたちと言うのは、先程のパッケージイラストの5体のことです。それぞれに得意とする行動が異なり、攻撃や防御、回復などを中心に様々な手段で敵と戦っていきます。

f:id:honzawa_creagem:20190911093111p:image

↑イメージ:ゲームで使用するプレイシート。左から順番に「ドラゴン」「マーメイド」「カーバンクル」「スピリット」「ビースト」の5体が登場。

 

特徴・システム

モンスターに行動を指示するとは言っても、ポケ◯モンやドラク◯エのように1人でプレイして1人で全ての行動を決定するわけではありません。全プレイヤーは一斉に思い思いのモンスターへ指示を出し、その結果最も指示の多かったモンスターが行動することになります。

言うなればこれは多数決カードゲームですね。

 

多数決と言ってもまだちょっとピンとこないと思いますが、要は相手(マオウサマ)の行動に対して「この攻撃は防御すべきだ!」「いや、ここは攻めないと!」という具合にそれぞれの意見を投票していただくわけです。もちろん、話し合ってはいけません!

例としてこちらをご覧下さい。

f:id:honzawa_creagem:20190911095548p:image

これはゲーム序盤、まだ味方のモンスターが「ドラゴン(左)」「カーバンクル(中)」「ビースト(右)」しか解禁されていない状態での盤面イメージです。

左上のオレンジ色の数字カードは自分たちの体力、右上の紫色の数字カードがマオウサマの体力を表しています。

プレイシートの上部に4つのステータスが表記されていて、それぞれ現在の値の上にコンポーネント同梱のカウンターチップを置いておきます。(このイメージでは黄色い丸で表しています)

スペシャル」は、各デッキの上のカードを破棄して次のカードをめくったりすることができるもので、ゲームを有利に進めることができるポイントの残数です。

「タイムカウント」は毎ターン0に向かって進んでいく“制限時間”です。0になるとゲームオーバー。

「ペナルティ」は毎ターン多数決で行動が決まった後、行動に繋がらない指示を出してしまったプレイヤーの数だけ溜まっていきます。15まで溜まってしまったらゲームオーバー。

「レベル」はその行動をするために必要な条件です。レベルが足りていないと多数決で決定した行動も成立せず、ペナルティが発生してしまいます。

シート中央に置かれているカードが、このターンマオウサマが繰り出してくる行動で、右側のカードは次のターンにマオウサマが取る行動です。このターン、マオウサマから7点というまあまあ痛い攻撃が飛んできます。さらに「攻撃してきたらお前のレベル下げるぞ」というオマケ付き。さてこの状況どうしましょうかと言う話になりますが、意外と人によって意見が別れるわけです。

敵の体力残り少ないし制限時間もあるから・・・ゴリ押しでドラゴン一択でしょ」という意見も正しい気がしますし、「次のターンは敵からダメージがこないから・・・とりあえずこのターンはカーバンクルかな」というのも正解な気がします。

このような思考を毎ターン繰り返し、ノーマル→ハード→レジェンドの3つのモードを走破することができればゲームクリアとなります。

 

進捗状況について

そんなわけで、なんとなくこのゲームについてご理解いただけたかと思います。が、しかし!実はこのゲーム、まだ委託業者さんにデータの入稿ができていないんです(汗)

もう9月も3分の1が終わったというのに、やることがまだまだ残ってます。

私ほんざわと相方コウノで手分けしてイラストの清書作業、説明書のデザイン、入稿、ホームページ、フライヤー作成、紹介動画・・・この辺を急ピッチで進めておりますが、まぁやばいです。いやもう、結構やばい。(爆)

毎日2枚くらいカードの清書をしていますが、なんかこのゲーム作り始める前と比べてペンだこが3倍くらい大きくなりました。出来ることならペンにプチプチの緩衝材とか巻きたいですね。

あとテストプレイもまだまだ試行回数が足りません。僕らだいたいファミレスで集まるんですけど、テストプレイに付き合ってあげてもいいよって人いませんか?マジな話、ドリンクバー奢りますよ。

それから先日、ゲームマーケットカタログ用サークルカットが完成しましたので、ご覧下さい。

f:id:honzawa_creagem:20190911170643p:image

↑実際のカタログにはモノトーンで掲載されます。

 

最後に。我々CreaGemは現代社会をときめく多忙な社会人ですが、短い作業時間でもなんとかやっております。この活動は大変ですけどめちゃめちゃ楽しいです。

この楽しさをゲムマ当日の会場で皆さんに振り撒きます。試遊台も用意してますので、ちょっとでも気になったあなたは是非、遊びに来てくださいね!

 

それではまた次回!

 

ほんざわのツイッター

@CreaGem_honzawa

コウノのツイッター

@takelogkouno